がんを治す
出典http://www.garage-chambraud-23.com/

がんは不治の病といわれていますが、ある日突然にがんが消滅したりする人もいるのも事実です。なかなか治らない人との違いはどこにあるのでしょうか?

癌闘病生活ブログなどで、その日々のいきさつや情報を発信している方もいらっしゃいます。本当に辛く、何をどうやって生きていくのか?試行錯誤の連続かと思います。ですがどうか一度、幸福の科学へいらしていただきたいと強く願っています。

その方が有名人であるならば、方法はいくらでもあります。病院の治療だけではもったいない気がします。心の奥底に潜む、自己処罰の想いを取り去っていただきたいと思います。その方の今世の使命があるならば、必ずや治ると信じています。本当のセカンドオピニオン

強力・病気平癒祈願
お近くの精舎でどうぞ


「七十五歳、八十歳、あるいは、八十歳以上の自分」について人生設計を立てて、それをありありと心に描くことができるようなら、残り三カ月でも好転していくチャンスはあります。

「いてくれたほうがありがたい」とほかの人が思えるような方であるならば、このガンは、何とかして自分を立て直して、長く活躍できるスタイルに変えていく「きっかけ」だと思いますね。

『病気カルマ・リーディング』 P.98

※幸福の科学出版
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M431300&c=51157&d=5283

※Amazon
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M431301&c=51157&d=5283

なぜ、ガンになるのか。
なぜ、ガンが治るのか。

医学がこれほど進歩しているのに、
ガンが増えつづけているのはなぜか。
いまこそ、病気をつくる心のメカニズムを知り、
あなたの人生からガンを追い出そう!

〇「怒りの心」を溜めすぎてませんか
〇自分自身を責め苛む心「自己破壊願望」はありませんか
〇人生の責任から逃れるために病気になる人もいる
〇「女性特有のガン」になる悩みや葛藤とは
〇著者「健康セミナー」CD付

―病気の不安、心配、恐怖を乗り越える方法―

==目次==
1:26 患者と接するときに大切にしていること
3:17 病気の人にどう言葉をかけたらいいか
6:33 介護現場での心構え
14:23 病気になりやすい人の傾向性
16:55 死との向き合い方
23:07 祈りの力について

愛する人が、あるいは自らが、もし病に倒れてしまったら、あなたならその現実とどう向き合いますか?
ゲストは、医療法人八女発心会 姫野病院名誉院長 姫野忠彦さん。
心と体の関係、病を癒す心の持ち方など、まざまな角度からお話しいただきました。病と向き合うときの、新たな視点がきっと見つかるはずです。

余命5カ月、ステージ4の末期の乳がんが治った。
あなたの生まれ変わりの秘密を知る!