【更新中】幸福の科学の葬儀は?先祖供養で納骨法要を実際にやってみた時の驚愕な感想

幸福の科学の葬儀や先祖供養って、あまり知られていないかもしれませんが、お経や経文は誰もがわかりやすく「なるほど」と共感を呼ぶようですね。

私の場合は、地元のお寺には先祖の墓があって、遺骨も入っている状態。しかし思うところがあって、ご先祖を、幸福の科学で法要をしたくなり計画をしてみた。いわゆる那須精舎での納骨法要という事になる。

詳しい段取りは割愛させていただくが、その準備は総本山那須精舎で聞いてほしい。また、葬儀については以下のサイトからお問い合わせてほしい。


全国各地の支部と、いわゆる地元の葬儀屋さんとのタイアップもされ、実績があるので安心かと思います。

さて現在は葬儀も簡素化している。その一つにコロナの影響があろうかと思う。いずれ葬儀の役割は死んだことを、故人に悟らしめる重要な儀式だ。そして本来の世界へと導いていく役割もある。

この世は仮の世で魂修行の場、その修業が終われば、本来の世界へ還ることが前提で、そうしたことがないと、いつまでもこの世にすがってしまう不成仏霊になってしまい、迷うことになる。

私のご先祖は、ちゃんと天国に還っているとは思うが、できれば幸福の科学との縁を付けたいし、死後三帰誓願式で、仏弟子となり。たくさん学んで活躍してほしい。そんな気持ちで行うこととした。改宗や、墓じまいは、地元のお寺さんや近所の付き合いもあるし、無理にしなくてもいいとのことだ。

法要は「来世幸福法要」という。(旧納骨法要)

遺骨はもう土に帰っているので代わりに、ご位牌を奉納する形だ。お墓は、総本山那須精舎敷地内にある「三帰誓願堂」という場所。

⇒日取りは4月27日に執り行われるので、しばらくお待ちくださいね。