レプロ社長の守護霊インタビューが公開されました。なんかイメージが想像していたより、全くかけはなれていますので、びっくりしました。様々な本音が炸裂しています。ぜひ、ご覧になってください。

どなたでもご覧いただけます(「限定」などの記述があるものを除く)。
お申込みは、精舎や支部へ、お電話などでお問い合わせください。


◆レプロ社長の守護霊インタビューが公開 清水富美加さん出家の「真相」も明らかに

女優・清水富美加さんの「出家」を巡り、清水さんが所属していた芸能事務所レプロエンタテインメント社長・本間憲氏の守護霊インタビューが公開され、大きな話題になっている。



この守護霊インタビューでは、清水さんが出家に至るまでの経緯や、所属タレントをどう見ているかなどの本間社長の「本心」が明らかにされている。


また、一連の報道によって、「守護霊の霊言」そのものにも注目が集まっている。これまで大川隆法・幸福の科学総裁は、政治家や経営者、言論人に加え、俳優や女優などの守護霊の霊言も数多く収録し、書籍として発刊してきた。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12595

◆「芸能人の労働環境を糺す会」が発足 清水富美加さん契約問題にも注目

清水富美加さんの出家宣言により、所属していた芸能プロダクション・レプロエンタテインメントの経営体質の問題点が明るみに出た。



同事務所は、女優・能年玲奈さんとの契約内容にも問題があったと報じられている。能年さんは、2014年6月の契約終了に際して、プロダクションを辞めたいと伝えたが、プロダクション側から一方的に契約を2年延長されたとされる。さらに、報道によれば、契約を引き延ばしておきながら、その間能年さんに仕事を与えることもせず、仮に契約が終了したとしても「能年玲奈」という本名での活動を禁じられた。人権侵害とでも言うべきタレントの扱いに批判が集まった。


しかし、これらの事例は、芸能界の奴隷的な労働環境の一部分を表しているにすぎない。芸能界の労働環境の改善が求められている。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12594

2013/10/11 に公開
大川隆法・幸福の科学総裁が行う「公開霊言」。しかし、そもそも「霊言って何? 守護霊って何?」などと、素朴な疑問が寄せられている。そこで、分かりやすく解説した動画を紹介する。